門脇接骨院

東京青梅市で長年信頼されている門脇接骨院へ

コロナウィルスの感染防止対策について

当院では各種感染症対策に努めています。

朝昼晩に院内の消毒、掃除を徹底しています。

清潔な空間をお届けできるよう頑張って参ります!

思い当たることがあれば、すぐに青梅市門脇接骨院へご相談下さい

なかなか良くならない症状

むち打ちなどの交通事故施術

捻挫、打撲、肉離れ、挫傷などの外傷

腰痛、頸肩痛、膝痛などの関節痛

五十肩、ギックリ腰、寝違い

身体の歪みによる痛み障害

スポーツでおこる痛み障害

労働災害、交通事故による痛後遺症

交通事故の自賠責、労災を含む様々な保険が使用できます

お気軽にお問い合わせ下さい

患者様の症状が健康保険取や自賠責保険・労災補家の扱い対象か否かは、患者様の話をお聞きしたうえで判断し、患者様にご説明(インフォームドコンセント)を行います。
※但し、骨折・脱臼は、医師の同意が必要です。
※保険適応外なものについては自由診療扱いとなります。
※傷害保険や通院保険による保険請求をご希望の方は、その旨お申し出いただければ必要な書類を作成します。
※不明な点がございましたら、お気軽に院長までお尋ね下さい。

門脇接骨院

様々な痛み原因は?

筋筋膜性症候群(MPS)

筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせい とうつうしょうこうぐん、Myofascial Pain Syndrome:MPS)は、筋肉の異常が原因で痛みやしびれを訴える病気です。日本では筋痛症とも呼ばれます。 ケガやくり返し筋肉に過度の負担(使いすぎ)たり、長時間の不良姿勢をした場合に筋肉の拘縮が起こり体液循環の低下します。そのことにより老廃物などの蓄積が起こり痛みうったえた状態です。
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は、レントゲン、MRI、血液検査などでは結果が現れないため、五十肩・緊張型頭痛・テニス肘・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・椎間板症・腰椎すべり症・変形性膝関節症・変形性股関節症・頸肩腕症候群・腱鞘炎・半月板障害・顎関節症などと間違えられこともあります。ですから、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)なのに椎間板ヘルニ・脊柱管狭窄症などの神経の圧迫によって生じないはずの痛みや痺れと間違われることがおおくなります。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)であるかは、トリガーポイント(発痛点)とよばれる筋繊維のシコリがあり、そこに圧力をかけた際に痛みの放散ががあることで判断できます。

トリガーポイントは、筋肉がコリ固まった状態です

◎一過性の外力(むち打ち、打撲、ねん挫などのケガ)
◎慢性的な外力(くり返しおこなう生活習慣、仕事、スポーツ)
◎心理的な緊張(ストレス、頚背中のこわばり、くいしばり、握りしめ)

特定の筋肉に、一時的・継続的に筋肉が伸ばされたり縮んだりして筋肉に小さな傷(微細損傷)ができ、それが継続するとガス 欠状態になります。筋肉を動かすエネルギーが不足となり筋肉に行く血量か減り虚血状態がおこります。 そのために嫌な悪いコリ、トリガーポイント が作り出されるわけです。

痛い場所が原因部位・原因部位と別の部位が両方痛む・原因部位とは別の場所が痛むと言うことが起こります。

営業時間

【平 日】
午前 9:00~12:00 午後4:00~ 7:00
午後7:00~ 8:00(予約制です)
【水・土曜日】
午前 9:00~12:00 午後4:00~ 7:00
(午後は予約制です)
【日曜】  休  診
※祝祭日・急患の場合は、お問い合わせください。
※受付時間は、終了時間30分前となっております。

門脇接骨院

お知らせ

令和04年09月の予定

9月19日(月)敬老の日は、
午前9時~午前11時
9月23日(金)秋分の日は、
午前9時~午前11時
上記の通り診療いたします

急患などは、お電話かLINEにてお問い合わせ下さい。

当院へのアクセス

豊岡街道沿い、青梅市今井駐在所・久保田まんじゅう屋さん前

【院 名】      門脇接骨院
【住 所】      東京都青梅市今井2-1102-8
【TEL】        0428-31-9004
【駐車場】     5台
【最寄り駅】    JR八高線 金子駅
【アクセス方法】 
  クルマ 青梅入間線(豊岡街道)沿い 
『久保田商店(酒まんじゅう)』さん前

GoogleマップGoogleマップ

お車でお越しの方

『駐車場』
市民センター入り口、左側に当院カンバンが有ります。

『当院』
豊岡街道を、入間市方面へ、
七日市場交差点より800m右側。
金子橋より、青梅方面へ、900m左側。

目印は(今井市民センター・今井駐在所・久保田まんじゅう屋)